ダウン症や神経管障害を予防

ダウン症や神経管障害の子供を持つお母さんのドキュメンタリードラマを見たのですが。
わたしだったら、きっと耐えられないんだろうなって思いました。

 

私は子供が小さい時に、言葉が通じない時期に、イライラしてしまった過去があります。
子供がどんどんと成長して、言葉を覚えてくれるようになった時に、本当に救われました。

 

そのため、会話がスムーズに通じない相手とのコミュニケーションが、こんなにも苦痛なのかと考えてしまたことがありました。
自分の子供はどんな子でも可愛いと言う人もいますが、私は違いました。

 

やっぱり健常児だからこそ、今一緒に過ごせているのだと思います。
育児っていうのは、綺麗事ではなく、やっぱり育児に向く性格と向かない性格っていうのはあると思います。

 

どんなに覚悟をしていても、育児が辛く感じるときはあります。
それこそ、精子の質が悪くて子供がデキない人は、男性ホルモンの質を良くする葉酸などを利用すれば解消の可能性がありますが。

 

障害は一生の問題なので、なかなかサプリメントなんかでは治りません。
やはり胎児が障害を持たないように、葉酸をあらかじめ飲んで男性ホルモンを高め、精子の質を良くすることが予防の一つの方法になりますね。