葉酸の過剰摂取

葉酸というのは過剰摂取における副作用はどういったものがあるのでしょうか。
葉酸を過剰摂取してしまったとしても病気になることはありません。
しかし、副作用はあるといわれています。

 

 

副作用には色々なものがあるのですが、5つの代表的な症状があります。
葉酸は継続して適量を飲み続けることで効果を高めることができるといわれているのですが、それを大幅に超えてしまうような場合には副作用が現れてしまうことがあるのです。

 

 

最も多い症状としては不眠症です。
葉酸を摂取過剰してしまうことで1ヶ月程度でなかなか寝付けない、寝付きが悪いといった症状を引き起こすことがあります。
しかし、このような副作用は気付きにくいので見逃してしまうことがあるのです。

 

 

2つ目は下痢になる、というものです。
消化器官が悪くなりお腹の調子が悪くなってしまうことが多いのです。

 

 

さらに吐き気です。
非常に分かりやすい副作用なのですが、葉酸が原因であると気付かないことも多いのです。

 

 

4つ目はむくみ、そして最後にアレルギー症状です。
例えばかゆみやシミのようなものができることもあります。

 

 

そのような症状が出ている場合には服用を中止するようにしなければなりません。
副作用が出ているにも関わらず服用を続けるというのは危険ですよ。