葉酸の豆知識:葉酸の役割

葉酸というのは水溶性ビタミンB群に分類されるビタミンの一種です。
DNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠な栄養素です。

 

タンパク質を生成し、アミノ酸を合成したり皮膚の粘膜を強化するなど
身体を作るのに非常に重要な成分です。

 

葉酸が不足すると貧血を起こしてしまったり、口内炎、食欲不振などの症状が出ます。
妊娠中の場合、特に不足しがちになりますので積極的に摂取するようにしましょう。

 

赤ちゃんの脳や身体を作り上げるのにもとても重要な役割を果たす成分ですし
神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすことも出来ます。

 

妊娠初期だけではなく、健康的な赤ちゃんを授かるために
妊娠前からもしっかりと摂取することも推奨されています。

 

普段から、バランスの良い食事を取るように心がけることが大切です。
葉酸が多く含まれる食品は枝豆、ほうれん草、納豆、オクラ、アボカドなど大豆や緑黄色野菜です。

 

また、うなぎやレバー、ウニやイクラなどの動物性の食品にもたくさん含まれています。

 

ただし、水溶性ビタミンは加熱してしまうとせっかくの栄養素が半分ほどに減ってしまいますので
食品だけで必要分を摂取することは大変です。

 

最近はサプリなどもよく販売されていますので、これらを併用していくこともお勧めです。