ベルタ葉酸とお茶好き

人それぞれ毎日飲んでいるものというのは好みが異なります。
そのため、妊活中の女性は注意しなければならないことがあります。

 

特にお茶好きの女性というのは十分に注意しなければなりません。
赤ちゃんを授かった時には、お茶に含まれているカフェインがお腹の中の赤ちゃんに対してリスクがあると考えられているからです。
具体的にどのような影響が及ぶのかですが、酸素供給がスムーズにいかなくなってしまうといわれているのです。

 

こういったことから、妊活中の女性というのはできるだけお茶を控えるようにすべきなのです。
そこで、お茶を飲むのであれば、ノンカフェインのお茶を選ぶようにしましょう。

 

しかし、カフェインを一切摂取してはいけないのか、といえばそんなことはありません。
カフェインは、一日に300ミリグラムまでであれば摂取しても問題はないといわれています。
お茶を飲みたいのであれば、この一日300ミリグラムという量を超えないようにしましょう。

 

ひとまずある程度お茶を飲んでも問題ないと安心しているかもしれませんが、カフェインの量を量ることはできませんし、赤ちゃんへの影響が心配なのであれば、やはりカフェインは一切摂取しないようにしましょう。

 

また、同時に葉酸をベルタ葉酸などから摂取するようにしてみてください。